銀座という街と自分との関係性について - スポンサー広告Snap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF4054.jpg


銀座。特別な響きのある街。

学生時代には縁のない街というのがいくつかある。
自分にとっては、銀座という街がその代表格であった。
実際、学生だった頃に銀座に行った記憶というのは殆どない。

何をしにいくべき街なのか、何がある街なのか、よく知らなかったし、
特別、銀座のことを知りたいとも思っていなかったように思う。

それから時が経ち、社会人になってからは、銀座によく行くようになった。
いつの間にかである。気が付いたらそうなっていた。

何がきっかけだったのか、よく覚えていないのだが、友人と会う時などは
「銀座で」とご指名することが多くなった。

銀座の素晴らしいところを具体的に言えるレベルには、まだまだ程遠いのだが、
この銀座という街の雰囲気はとても気に入っている。どこか敷居の高さのようなもの
を感じさせながらも、決して来る人を拒まない。そんな空気感が好きなのかもしれない。

スポンサーサイト

Tag:東京_銀座

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。