富士フイルム XF18mmは散策スナップに最適か - スポンサー広告Snap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF3791.jpg


DSCF3779.jpg


DSCF3780.jpg


XF18mm F2.0を使って六本木周辺でスナップ撮影をしてきました。
このレンズについては、1/17日の記事「富士フイルムのレンタル」で書きましたが、
富士フイルムの東京サービスステーションでお借りしたものです。

APS-Cで18mmということは、フルサイズ換算で27mmということになります。
ぼくが常用している35mm(換算52.5mm)と比べると、約倍の焦点距離です。

この18mmってフジのレンズの中だとあまり話題に上ることが多くない印象です。
けど、街撮りするには、とっても良いレンズなんじゃないかな~と思ってます。
画角としても、街を撮るにはちょうどいい画角で、構図も作りやすい気がします。
なので、自然とシャッターを切る回数が多くなります。

ファインダーを覗くと、「あ、これいいな。撮ってみよう」って気持ちにしてくれる
とっても良いレンズだと思いました。
スポンサーサイト

Tag:東京_六本木

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。